fc2ブログ

トーゴの自宅建築 ~ガンダマーの家造り~

中古住宅を改築したガノタ(ロボアニメマニア)の、優雅?な生活(笑)。

けん玉の「木材」

IMG_20161129_205701.jpg
●最新のけん玉たち
 けん玉のタマは「赤い玉」でケンは普通の木製。というイメージありません?そもそも木製といっても何の木なのよって。

 タマの木材は桜。ケンの木材はブナが多いんですけど(樺の木も使われてます)、理由は強度と価格。桜が希少になってきて、タマにしか使えなくなったのでケンにはブナが使われだした。上の写真だと一番左側のけん玉がそれ。(限定・大空プレミアム「秋元悟モデル」)


●世界の木材で作るKENDAMA
 世界で流行するにつれ、各国特有の木材を使用するけん玉も増えてきて、日本だとブナ、アメリカだとアッシュ(日本のケヤキに近い)とか。
アッシュはゴワゴワしててササクレてるけど、けん玉用木材としては相性が良い。上の写真だと一番右側のけん玉がそれ。(Grain Theory ”ASH”)


●ショックに強い木材の探求
 最近のニーズとして、使用されているのが多い木材は「メープル」。これはショックに強い。妙な弾力がある感じ。さらに独特の色やスパイクした時の音の良さから高級家具木材の「ウォルナット」も多様されている。上の写真だと中央の2本のけん玉の焦げ茶色部分がそれ。(左:JAC KENDAMA”In Box Limited”、右:夢元無双”Shiguchi 50/50”)


●希少木材を贅沢に使用
 見たことのないような木材がけん玉では使われている。鮮やかな紫色が特徴の「パープル・ハート」はその代表。上の写真だと中央左のけん玉の皿胴の下部がその木材。(JAC KENDAMA”In Box Limited”)


●見た目をとるか、実用性をとるか
 木材にこだわっても、けん玉は技ができなければ全く意味がない。でも、木材をこだわってれば、造りもしっかりしてることが多いので、木材を見ればけん玉の品質もわかる・・というのも事実。
 でも、木材の特性を知るのも大事。たとえば、ウォルナットは硬くていい音がする反面、割れるときは「パカッ」と一発でダメになるし、摩擦係数が低いので静止技には不向き。「アッシュ」は摩擦係数は高いけど、汚れやすくて見た目が・・とか、良し悪しはある。
 使用木材からけん玉選びも、最近のけん玉の楽しみと言えます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://goufcustom.blog104.fc2.com/tb.php/453-9a58b125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

▼を押すと過去記事一覧デス

05 | 2023/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-